「はてな」の観察(染谷商店のブログ)

革製品ブランド「sugata」を企画する、染谷商店のブログです。

18=18.84

もうずいぶんと前のことであるが、

小学校で教える算数の円周率が「3」になるかも知れないという話を耳にした。

(実際には、そのようなことはなかったそうだ。)

私はそのことを聞いたとき、絶対にそんな教え方をしてはいけないと思った。

それは、学力が低下するとか、楽をするのはいけないとか、

そういった理由からではない。

数学が持つ、「概念の上で矛盾がなく、整然と成立した美しさ。」を、数学が

好きな人や、得意な人たちから奪ってはいけないということを、

漠然と感じていたためだ。

 

それから、ずいぶんと経ったある日、私は、吉祥文様を用いた新しいデザインに

取り組んでいた。

吉祥文様とは、良い兆し、めでたいしるしなどを意味する図柄、古来より伝わる

伝統模様である。同じ図形の連続模様をその特徴とするデザインは、連綿と続く

繁栄を願う心などを表しているそうだ。私は図柄を考案するため、連続して並ぶ

正六角形をデザインの土台としていた。そして、正六角が6つの正三角形から

出来ているという図形の見方をした、そのときに、私はなぜ円周率が「3」では

いけなかったのかという理由に気がついた。

 

例えば、直系6cmの円と、円の内側に接する正六角形があったとする。

その場合、正六角の外周の長さは18cmとなる。

では、円の外周はどのようになるであろうか。

                                           

                                       f:id:someya-shouten:20170806181610p:plain

 

円周の長さを円周率=3で計算をした場合

6×3=18(cm)

 

円周の長さを円周率=3.14で計算をした場合

6×3.14=18.84(cm)

 

円周率を「3」とした場合、正六角形よりも明らかに長いはずの円の外周が、正六角とまったく同じ長さで存在することになってしまうのである。

数学は「概念の上で矛盾がなく、整然と成立した美しさ。」を持つ。しかしながら、円とその円の内側に接する正六角形の外周が同じとなることは、明らかな矛盾である。よって円周率を「3」とした場合、それはもはや数学ではない。

 

私は、今改めて、円周率が「3」ではいけないという結論に辿り着いた。

 

数学好きの人曰く、数学の魅力は、生活の役に立つという実用性というよりは

むしろ、矛盾のない考え方や、その美しさにこそあるのだそうだ。

円周率を「3」にするということは、要は計算を簡略化するということであり、

私のように数学をあまり得意としない者にとっては、確かに有り難い話ではある。

けれども、目の前に居並ぶ吉祥文様を見つめながら、私もこの潔い美しさに

対して、やはり敬意を払いたいというような心持ちになったのである。

   

f:id:someya-shouten:20170806180851p:plain  f:id:someya-shouten:20170806180744p:plain       

 

 

広告を非表示にする